国と保育園と保護者と

保育園が沢山出来て、保育園がビジネスになろうとしている昨今

保育園は、福祉であって欲しいと思う私です。

ただ、昔ながらの福祉ではダメで保育士の意識も変わっていくべきだと思っています。

子どもが好きそれだけでは出来ない仕事だと思っています。

まず、保育士が意識を高くもっていくためには、保育園を運営している側の意識も変えていかなければならないのでしょう

私の知り合いに就職面談を受けた人がいて、給与の話をしたら

「保育士ぐらいの仕事でそんなに貰おうと思ってるの?」と言われたといっていました

折り合いがつかなくて、不採用となったのですが

私は、人間を育てる大事な仕事を「保育士ぐらい・・・・」という意識の会社に行かなくて良かったと思っています。

子どもを育てるという事は、未来の国を支える人間の基礎を作っているという事

国を作る仕事をしていると言っても過言ではないでしょう

特に日本は、他国のようにそれを意識して欲しいと思います

先進国と言われる国で、日本のように家庭が子どもの教育費をこれほどまでに負担している国はありません。

経済状態が悪いから、女も働け ⇒ 子どもが居て働けないなら、預かってもらえ ⇒ 保育園入れたけど保育料高くて何のために働いているのかわからない ⇒ 働いても収入プラスにならないから経済は動かない ⇒ 経済動いてないよもっと働け

これじゃ、ずっと悪いスパイラルのままですよね

目先の事しか考えていないし・・・・・

だからって保育料を無料にすればいいってものでもないと思うんです

働かせるために、経済を回すために保育料を無料にするのではなく

子どもは未来の国を支える大切な財産だから、国ぐるみで育てていきましょう

という考えじゃないと、未来には繋がっていきませんよね

そして、保育士も給与が上がるのは嬉しいけれど

給与が高ければ、潜在保育士が働くというものでもないです。

もともと、保育士を目指す人のほとんどが自己犠牲だったり母性本能が強いタイプが多くてお金の為にと割り切る人が少ないのが現状

保育園に求められるものは、多岐に渡り

職場は、みんなが疲弊し、人間関係も崩れがち

保護者の顔色みながら毎日戦々恐々とクレームを言われないように過ごす日々

クレームを言われると園長もしくは、会社から注意を受けお客様ニーズに走る

そして、保育園が一般会社の仕組みに組み込まれるようになり評価制になりアピール上手が得をするようになる

『もう、子どもの笑顔以外でいいことないわ』というのが現場の声です

3K キツイ・汚い・危険 は オールクリア

+3k 給料安い 休暇が少ない かっこ悪い の6Kもクリア

新3K きつい 気配り きれい まで求められます。

これじゃ、保育士に戻りたい人が少ないはずですよね

コロンブスの卵で、保育現場が悪いから保育士が居ないのか、保育士が居ないから保育現場が悪くなるのか・・・・難しいところです

このスパイラルを打ち切るためには、国と管理者(会社と園長)と保護者と保育士の意識を変えていくしかないのですが、意識を変えることほど難しいことはありませんよね

でも何かやるしかない!

そう思って、工夫をされている方も沢山いらっしゃいます。

私たち一人ひとりが出来る事は、本当に少ないけれど、みんなが少しずつ変われば大きな力になると信じています。

私たち保育園で仕事をする人間は、『子どもの最善の利益』を追求することを忘れないでいたいと思います。保育士が気持ちよく働くために園長や会社は努力していかなければいけないですね。保育士も人間性と保育への理解を深め、コミュニケーションをしっかり取れるようにならなければと思います。

そして、保護者の方は

保育園は、サービス業ではないことをしっかりわかっていて欲しいのです。

大切なお子さんをお預かりする事は、お金を払っているから自分の要求が通って当たり前と思わないで欲しいのです。

保育園の基本は、集団生活です

ひとり一人の要望にお応えする事は、集団で生活するメリットを崩すことになります。

保育の質をあげる事は、保育園内部だけで出来る事ではなく

保護者と保育園関係者全員で作っていくべきものなのです。

保育では、結果よりプロセスを大切にします

保育士がお子さんを預かる気持ちは、働いているみなさんの役に立ちたい。お子さんをプロとしてお家にいるだけよりも良い状態で成長していけるようにしたい。と思っています。

決して

お客様!ではないのです。

また、昔の保育園のように

本当は親が見たほうがいいけど、出来ないんだから預かってあげてるのよ!という意識も違うのです。

お互いに持ちつ持たれつ、協力しながら子ども達を育てていくスタンスであるべきです

それには、お互いの信頼関係が必要です。

保育園と家庭との信頼関係は、お子さんの他者と交流すること、信頼関係を築くことの見本となり礎となります。

・・・・・・・・・・・そして、保育園は信頼されるように努力していかねばですね。